• HOME
  • お知らせ
  • ハウスダスト、ダニによるアレルギー性鼻炎治療について

ハウスダスト、ダニによるアレルギー性鼻炎治療について


イネ科花粉症のピークが過ぎ、ハウスダストやダニに反応のある皆様の鼻、眼、咽、皮膚の症状が夏過ぎまで悪化してくる頃と思います。エアコンの冷風や、ハウスダストが室内を舞うことによる鼻炎の悪化があり、当クリニックでは各種抗アレルギー薬、点鼻薬、点眼薬、外用薬の処方や、ご希望により舌下免疫療法をしております。
それでも鼻汁、鼻閉症状がひどく辛い内服薬などが無効な患者様には、トリクロール酢酸による下鼻甲介粘膜前方焼灼術を行います。この方法はレーザー焼灼術と同等以上の効果、術後の鼻出血、粘膜の痂皮、腫脹による鼻閉症状の軽さ、花粉症状の増悪時期でも施術できるメリットがあります。
気になる方はお気軽にスタッフや医師にお尋ねください。